動物に関する各種お手続き

特定動物の飼養許可

特定動物の飼養許可について

「動物愛護及び管理に関する法律」で人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれのある動物として政令で定める動物を特定動物といいます。

特定動物の飼養・保管に当たってはあらかじめ許可を受けなければなりません。

これから特定動物の飼養又は保管を行う方で、徳島県内の南部総合県民局及び西部総合県民局が管轄する区域以外の区域(徳島市、鳴門市、小松島市、吉野川市、阿波市、勝浦町、上勝町、佐那河内村、石井町、神山町、松茂町、北島町、藍住町、板野町、上板町)に飼養又は保管のための施設を設置する方は、動物愛護管理センターで許可手続きが必要です。許可の更新手続きも同様です。

特定動物には、ニホンザル、トラ、タカ、ワニガメ、ニシキヘビ、ワニなど(ほ乳類、鳥類、は虫類)が定められています。

詳しくは動物の愛護及び管理に関する法律施行令(外部リンク)をご覧ください。

飼養・保管許可申請について

特定動物を飼養又は保管するためには、動物の種類ごとに、施設基準に適合する飼養保管のための施設を設置して申請を行い、許可を受ける必要があります。

詳しくは特定動物飼養保管許可申請について(PDF)をご覧ください。


施設の基準

「動物の愛護及び管理に関する法律」による許可の要件として、特定動物の種類や性質に応じて環境省令で定める特定動物の飼養施設の構造及び規模並びに特定動物飼養又は保管方法に関する基準又は保管の方法に関する基準に適合するものであることと定められております。

さらに、「徳島県動物の愛護及び管理に関する条例」においても動物の区分別に施設基準を設けていますので、これらを満たす必要があります。

詳しくはこちらをご覧ください

申請許可手続きの流れ
  1. 事前相談・施設の設置
  2. 飼養・保管許可申請(動物の種類・飼養保管施設ごと)
  3. 施設の検査
  4. 飼養保管許可(有効期間は5年間)
  5. 飼養・保管開始(標識の掲示・基準等の遵守
  6. 識別措置の実施及び届出(飼養開始後30日以内)
  7. 飼養・保管許可申請(5年更新)
許可申請等の書類(PDF)
罰則等について

不正の手段により許可を受けたときや施設の構造及び規模並びに保管方法が基準に適合しなくなった場合などには、許可の取消処分等の措置がなされます。

また、許可を受けないで飼養したり、施設を変更したなどの場合は、「動物愛護及び管理に関する法律」で6ヶ月以下の懲役や100万円以下の罰金などの罰則が定められています。