センターのご案内

動物愛護事業

事業内容等

動物ふれあい教室

(実施日:毎週土曜日の午後1時15分より行っています)
動物とのふれあいを通じて、人と動物との関わりや犬やねこの正しい飼い方、命の大切さを学んでいただきます。


動物ふれあい移動教室

学校で飼育されている動物の適正飼養及び動物との接し方等について、モデル動物とのふれあいを通じて学んでもらい、動物愛護思想の啓発を学校まで出向いて行います。


動物ふれあい訪問

ふれあい体験用の犬やねこたちとともに県内の福祉施設(老人ホーム等)を訪問し、高齢者の孤独感の解消や、動物とのふれあいによる精神的な安定に役立てます。


犬のしつけ方教室

(実施日:第3日曜日午後1時より行っています)
現在、犬を飼っている人、またこれから飼い始める人を対象とし、獣医師又は訓練士が正しいしつけ方の方法、問題行動の直し方等について教えます。


1日飼育体験

夏休みには、動物たちに対する理解を深めることができるように、子供達を対象とした1日飼育体験を実施します。


愛護施設の一般開放

愛護管理棟では、人と動物の係わりや動物の生理・習性・特有の能力等を体験型の展示やパネルで学んでもらいます。その他、図書コーナーでは、ペット動物や野生動物についての図書が閲覧できます。


動物飼養相談

ペット動物に係わる飼養相談について獣医師が電話等で相談を受けます。


動物愛護のつどいの開催

動物愛護週間(9月20日~26日)行事として毎年9月23日(秋分の日)に動物愛護のつどいを開催いたします。